10代や20代なのに白髪がひどい!若白髪を綺麗に染めるオススメの白髪染めは?

若白髪だらけの髪を染める厳選ヘアカラートリートメント!

利尻vs泡のヘアカラー!若白髪に効果があるかをリアルに検証!

2017年02月13日 08時51分

shiraga_71.jpg



若白髪にオススメの白髪染めを見る





社会人デビューをして、いくらも経たないうちに、
目立つようになった若白髪。


食生活に乱れが生じ、残業でストレスが溜まっているのが、原因です。


睡眠時間を確保し、
バランスが取れた食事をするように注意しても、
すぐには、効果は望めません。


その間、若白髪を目立たなくすることが、大切。


若白髪が目立つと、
「若そうなのに、実は、けっこう歳がいってる?」
と思われてしまいます。


ザンネン感が否めないのが、若白髪。


自宅でケアできる白髪染めを、上手に利用しましょう。

 

ジアミンは平気?トリートメントタイプか泡のヘアカラーか?

rijiri_28.jpg



不器用さんでも、染めムラが起こりにくいのが、泡のヘアカラーです。


泡のヘアカラーは、液状のカラーリング剤を泡状にしたものです。


染める仕組みは、液状のカラーリング剤と同じです。


ジアミンを配合しています。


そのため、1回で染まります。


ジアミンの中でも、市販の白髪染めに多く使われているのが、
パラフェニレンジアミンです。


パラフェニレンジアミンは、
使用した人の約75%にアレルギー反応が出ると、
調査結果が報告されています。


アレルギー反応は、ある日、突然、出るのが、特徴です。


ジアミンを使っていないのが、
トリートメントタイプの白髪染めです。


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
ジアミンはもとより、刺激の強い化学物質を、
いっさい配合していないのが、「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs泡のヘアカラー!色持ちは?

rijiri_25.jpg



良く染まる泡のヘアカラー。


しかし、意外と色持ちはよくありません。


泡のヘアカラーには、ブリーチ効果があるためです。


ブリーチ効果があると、髪を傷めます。


髪が傷むと、髪の毛の中身が出てしまいます。


色素も、抜け落ちます。



「意外ともたない」という口コミが、
しばしば見られるのが、泡のヘアカラーです。


「利尻ヘアカラートリートメント」は、
トリートメントタイプの白髪染めの中では、
色持ちが良いと言われています。


通常、1週間。10日保つこともあります。


髪に優しいアミノ酸系のシャンプー、
また、ノンシリコンのシャンプーを使うと、色持ちは良くなります。


利尻ヘアカラートリートメントvs泡のヘアカラー!若白髪に効果があるのは?

rijiri_19.jpg


若白髪は、食生活を改善し、
ストレスを解消するように努めれば、
改善が望めるものです。


加齢による白髪とは、異なります。


黒い髪が生えやすい頭皮環境を整えるのも、
若白髪を染める場合には、大切なことです。


頭皮環境を考えた時に、優しいのは、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


使うシャンプーにも配慮すれば、色持ちは、
泡のヘアカラーと遜色ありません。


若白髪を目立たなくしながら、頭皮環境を整えましょう。



 
riziri.jpg
 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る