10代や20代なのに白髪がひどい!若白髪を綺麗に染めるオススメの白髪染めは?

若白髪だらけの髪を染める厳選ヘアカラートリートメント!

若白髪を染める頻度を抑えるなら美容室よりもアレが最適!

2016年12月01日 11時37分

shiraga_71.jpg



若白髪にオススメの白髪染めを見る





白髪が目立つようになる、
平均的な年齢は、30代半ば。


30代でも、白髪が目立つと、
そのままにはできません。


ましてや、10代で白髪が出てくると、
すぐに隠したくなるのが、人情。


髪の毛は、1ヶ月で約1センチ伸びます。


しかし、生え際や分け目の白髪は、
なぜか早く伸びる感じが…。


誰に聞いても、
「3週間も経つと、数センチは伸びてる!」
と言います。


そのため、白髪を染める頻度は、
月に2回という人が、多いようです。
 


10代が若白髪を美容室で染める事が出来ない理由

shiraga_81.jpg


白髪染めのプロは、美容室。


しかし、中年世代でも、なかなか毎回、
美容室で染めるわけには行きません。


料金が高いのが、最大のネック。


白髪染めは、普通のお洒落染めよりも、
料金が高く設定されています。


使われる染料の濃度が濃いこと。


また、施術時間が長くなること。


この2つの理由からです。


白髪は、なかなか染まりません。


メラニンが無いからです。

 

トータル55分、1回10,000円で白髪染め!?

shiraga_82.jpg


メラニンが無いと、
カラー剤を吸着する力がありません。


キューティクルをこじ開けて、
色素を入れる必要があります。


染料は、
濃くて強いものが必要になります。


放置時間も長くなります。


施術時間は、染めるのに10分、
放置時間が20分、シャンプーに15分、
乾かして仕上げをするのに10分。


トータルで55分です。


料金は、1回で、約10,000円。



10代では、敷居が高い状況です。

 

市販の白髪染めは嫌!自宅で出来る効果的な白髪染めとは?

shiraga_29.jpg


美容室で白髪を染める頻度は、
10代では、年に2~3回。


それでも、お財布に厳しいものになります。


また、美容室に行くまでの間に、
白髪が伸びてしまいます。


美容室の1回分の料金で、
10回分はあるのが、市販の白髪染めです。


しかし、市販の白髪染めは、
特有のツーンとしたニオイがします。


塗ると、頭皮もピリピリします。


万一、頭皮に液がついたりすると、
かぶれることもあります。


使い続けていると、
髪がバサバサに傷んできます。


10代のツヤツヤした髪の毛を保ちながら、
白髪を目立たなくするには、
刺激の強い染毛剤が含まれていない、
トリートメントタイプの白髪染めがオススメです。


トリートメントタイプの白髪染めには、
頭皮環境を整える成分が、
ふんだんに使われているものが、少なくありません。

 

利尻ヘアカラートリートメントの3つのメリット


トリートメントタイプの白髪染めの中で、
評判が高いのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントには、
3つのメリットがあります。
 

1.利尻ヘアカラートリートメントで自然なツヤが髪に戻る
lplp_6.jpg


市販の白髪染めで染めたと、
すぐに見た目で分かるのは、髪の傷み。


市販の白髪染めで染めると、
バサバサの髪になります。


利尻ヘアカラートリートメントには、
豊富なミネラルフコイダンが含まれています。


白髪を染める頻度が高いほど、
髪の毛がツヤツヤになります。

 
2.美容院に比べて染める時間が気にならない
shiraga_83.jpg


美容室では、55分間、
椅子でじっとしていなくては、なりません。


放置時間にできるのは、週刊誌を読む程度。


利尻ヘアカラートリートメントなら、
自宅で、放置時間を好きに過ごせます。


自分の髪質に合わせて、
放置時間も調整できます。


時間を有効利用したい10代に適した、
白髪染めができます。

 
3.美容院の白髪染めより圧倒的に安く済む
lplp_7.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
2160円でオススメができます。


通常価格の1000円引き。


1回あたり、250円。


白髪を染める頻度は、色が入るまで、
3回くらい連続して使ったら、
後は、7~10日おきにケアをすれば、OK


綺麗なツヤ髪が保てます。


 
 
riziri.jpg
 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る