10代や20代なのに白髪がひどい!若白髪を綺麗に染めるオススメの白髪染めは?

若白髪だらけの髪を染める厳選ヘアカラートリートメント!

意外と知らない安い市販の白髪染めが染まらない原因と対策!

2016年12月01日 10時33分

shiraga_71.jpg



若白髪にオススメの白髪染めを見る





最近、増えているのが、
10代の若白髪。


ストレスや睡眠不足、
偏った食事などが、
原因とされています。


誰もが、若白髪に悩まされる可能性がある、今日。


とはいえ、
10代で、白髪染めのために美容院に行くのは、
かなりハードルが高い振る舞いです。


自宅で、白髪を綺麗に染めるとしたら、
市販の白髪染めでしょうか?

 

クレーム必須!市販の白髪染めが全く染まらない理由

ng.jpg


ドラックストアに行けば、
市販の白髪染めは、簡単に手に入ります。


それにもかかわらず、
綺麗に白髪が染まっていない人が、
多いのが、実情。


市販の白髪染めは、
なかなか綺麗に染まらないのが、
悩みのタネです。


理由は、3つ。


髪質、クシの利用、髪の傷みです。 

 

1.キューティクル10層の髪質

ikumou_5.jpg


キューティクルは、
一般的な人では、3~4層です。


しかし、中には、
キューティクルが10層近くに
なっている人がいます。


キューティクルが分厚いと、
白髪染めの染料を弾いてしまいます。

白髪が染まりません。

 

2.馴染ませたつもりが返って逆効果クシの利用

shiraga_80.jpg


普通、白髪染めを塗る時、
クシで伸ばします。


しかし、クシを使うと、
白髪染めを剥ぎ取ってしまいます。


髪になじませたつもりが、
実は、白髪染めを剥ぎ取っていることに。


手を使って、
「置く」つもりで塗るのが、
上手な塗り方になります。
 

3.想像以上に髪がボロボロ

shiraga_79.jpg


市販の白髪染めは、
髪の毛のキューティクルをこじ開け、
色素を入れていきます。


市販の白髪染めで染めた後は、
キューティクルが開きっぱなしになっています。


髪が傷みます。


キューティクルが開いたままだと、
色素が定着しません。


白髪が染まらないということになります。

 

市販の白髪染めのメリットとデメリットとは?

shiraga_78.jpg


市販の白髪染めの最大のメリットは、
すぐに手に入ること。


ドラックストアに行けば、
安価な品が、多数売られています。


10代で、
経済的な負担が少ないのが、
市販の白髪染めです。


最初に使った時には、
一応満足できる色になることが多いのも、
メリットです。


デメリットは、
継続して使った時に、
色落ちが目立つこと。


髪が傷み、次第に、
染まらないという状態になります。


傷むのは、髪だけではありません。


頭皮に液がついてしまうと、
ヒリヒリしたり、
頭皮湿疹が出来たりします。


頭皮湿疹が出来ても、
市販の白髪染めを使い続けていると、
薄毛に悩まされる
ようになります。

 

市販の白髪染めを使い続けると恐ろしい事になる!?

machikado_33.jpg


市販の白髪染めの最大のデメリットは、
頭皮にトラブルが生じること。


頭皮湿疹や薄毛といった、
深刻なトラブルを抱えるようになります。


原因は、ジアミン。


発色が良く、色持ちがいいとして、
市販の白髪染めに使われる染毛剤です。


ジアミンアレルギーを引き起こすと、
白髪が急に増えることも、少なくありません。


ジアミンを使っていない、
白髪染めを使いましょう。



ジアミンの他にも、
刺激の強い化学物質を、
一切、使っていない、
トリートメントタイプの白髪染めが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントは、
主な染料もトリートメント成分も、
天然由来です。


頭皮や髪に優しい白髪染めとして、
安心して使えます。


継続して染めた時に、
色に満足できるのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


 
 
riziri.jpg
 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る