10代や20代なのに白髪がひどい!若白髪を綺麗に染めるオススメの白髪染めは?

若白髪だらけの髪を染める厳選ヘアカラートリートメント!

20代の若白髪は白髪染めシャンプーで本当に綺麗に染まる?

2016年12月01日 10時13分

shiraga_71.jpg



若白髪にオススメの白髪染めを見る





最近、街中で目にすることが増えた、若白髪。


20代の若者の頭に、
白いものが目立つ光景は、
珍しくなくなりました。


体内の栄養が、
最後に回されるのが、髪の毛です。


栄養が偏ったり、栄養不足に陥ると、
髪の毛に栄養が回りません。


色素が生成されず、
白いまま髪の毛が生えてしまいます。


若白髪の増加には、
偏った食生活が影響
しています。
 


間違った白髪の対処法は白髪をより増やす?

shiraga_75.jpg


白髪は、普通のヘアカラーでは染まりません。


メラニンがなく、
カラー剤を吸着する力が無いためです。


普通のヘアカラーは、色を乗せるだけです。


ヘアカラーで白髪を染めても、
なかなか染まりません。


市販の白髪染めは、
髪のキューティクルをこじ開けて、
色素を髪の中に入れます。


キューティクルをこじ開けるため、
繰り返し染めると、髪は傷みます。


キューティクルが傷んで、
髪の中身が出てしまい、
色素も定着しなくなります。


次第に染まり方が悪くなります。
 


市販の白髪染めよりも白髪染めシャンプーの方が良い3つの理由


市販の白髪染めでは、
若白髪の根本的な改善に、至りません。


自宅で若白髪の対策をするのに、
より効果があるのが、
白髪染めシャンプーです。


20代での白髪ケアに、
使われることが多いのが、
白髪染めシャンプーです。

 

1.白髪染めシャンプーには刺激の強い染毛剤が使われていない


shiraga_49.jpg


市販の白髪染めに、
通常、使われているのが、ジアミンです。


ジアミンは、発色が良く、色持ちが良いため、
市販の白髪染めに使われています。


しかし、頭皮につくと、
頭皮湿疹が出来やすくなります。


使い続けていると、
抜け毛が目立つようになります。



白髪染めシャンプーには、
ジアミンは含まれていません。

 

2.白髪染めシャンプーにはキューティクルをこじ開ける働きがない


shiraga_52.jpg



白髪染めシャンプーに
使われている染料の多くは、天然由来です。


キューティクルをこじ開ける働きは、ありません。


繰り返し使うことで、
白髪染めシャンプーは、
色を定着させていきます。


髪を傷めることがありません。

 

3.徐々に白髪が染まることで違和感がない

shiraga_76.jpg


白髪染めシャンプーは、
徐々に染まっていきます。


「染めました!」
と言わんばかりの不自然さがありません。

 

白髪染めシャンプーよりトリートメントの方が良いたった1つの理由


shiraga_77.jpg



白髪染めシャンプーは、
一度に色を入れるタイプの白髪染めではありません。


徐々に、白髪を染めていきます。


色が定着するまでに時間が掛かるのが、
デメリットです。


最初に白髪染めシャンプーを使った時には、
ほとんど染まりません。


最初から色を入れたい場合は、
シャンプーをつけた後、
しばらく放置すると、効果があります。


髪に塗った後で、放置するのは、
白髪染めトリートメントの使い方です。


白髪染めトリートメントは、
タオルドライした髪、
または、
乾いた髪にトリートメントを塗った後、
10~20分放置
します。


放置しながら、髪を温めると、
初回から色が綺麗に入ります。


放置時間をとって、
初回から色が綺麗に入れられるのが、
白髪染めトリートメントのメリットです。


頭皮や髪に優しい天然由来の染色成分と
トリートメント成分が配合されているのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


利尻ヘアカラートリートメントは、
20代の若白髪を自然な色に戻せる、
白髪染めトリートメントです。

 
 
riziri.jpg
 


利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る